戻る

戻る

かみなりとへそ

作・絵:永井 睦 読み手:冨田 和音 時間:8分38秒

この作品について

 さあ さあ はじまり はじまりだよッ。
「かみなりとへそ」の物語り〜

 昔々 たいそうのんきな村があったそうな。
 この村の男の人は、大人も子供も、裸が大好きで、朝から晩まで、ごはんを食べる時も、仕事をする時も、遊ぶ時も、はだかんぼう。
 ふんどし一つで暮らしておった。

庄屋:
「これこれ、裸もええが、ねる時くらい、へそを隠してねるんだぞ。でないと雷にへそをとられるぞ。」
村人:
「庄屋さん、わしらもうずうっと前にへそを盗られた。」・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.