戻る

戻る

国木田 独歩

初恋

読み手:山本 周子(2010年)

初恋

著者:国木田 独歩 読み手:山本 周子 時間:10分32秒

 僕の十四の時であった。僕の村に大沢先生という老人が住んでいたと仮定したまえ。イヤサ事実だが試みにそう仮定せよということサ。
 この老人の頑固さ加減は立派な漢学者でありながらたれ一人相手にする者がないのでわかる。地下の百姓を見てもすぐと理屈でやり込めるところから敬して遠 ざけられ、狭い田の畔でこの先生に出あう者はまず一丁前から避けてそのお通りを待っているという次第・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.