戻る

戻る

佐藤 垢石

母の匂い

読み手:吉江 美也子(2010年)

母の匂い

著者:佐藤 垢石 読み手:吉江 美也子 時間:3分30秒

 母はいつも、釣りから戻ってきた父をやさしくいたわった。子供心に、私はそれが何より嬉しかった。
 やはり、五月はじめのある朝、父と二人で、村の河原の雷電神社下の釣り場へ若鮎釣りを志して行った。父と私が釣り場へ行く時には、いつも養蚕に使う桑籠 用の大笊を携えるのであった。あまり数多くの若鮎が釣れるので、小さな魚籠ではすぐ一杯になってしまい、物の役にたたなかったのである・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.