戻る

戻る

宮本 百合子

読み手:源馬 ちか子(2011年)

著者:宮本 百合子 読み手:源馬 ちか子 時間:4分36秒

 愛ということばは、いつから人間の社会に発生したものでしょう。愛という言葉をもつようになった時期に、人類はともかく一つの飛躍をとげたと思います。な ぜなら、人間のほかの生きものは、愛の感覚によって行動しても、愛という言葉の表象によってまとめられた愛の観念はもっていませんから。
 更に、その愛という言葉が、人間同士の思いちがいや、だましあいの媒介物となったのは、いつの頃からでしょう・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.