戻る

戻る

岡本 かの子

新茶

読み手:小川 幸香(2011年)

新茶

著者:岡本 かの子 読み手:小川 幸香 時間:3分28秒

 それほど茶好きでなくとも、新茶には心ひかれる。
 あの年寄りじみた、きつい苦みがないし、晴々しい匂ひがするし、茶といふよりも、若葉の雫を啜るといふ感じである。
 色がいゝ。白磁の茶椀の半を満してゆらめく青湖の水。
  さなりき、誘ふニンフも
  誘はるゝ男妖精も共に髪ぞ青かりし
 揺曳とした湯気の隙間から、茶椀の岸にさういふ美麗が見えるやうな気がする・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.