戻る

戻る

林 芙美子

絵本

読み手:富田 美苗(2011年)

絵本

著者:林 芙美子 読み手:富田 美苗 時間:6分26秒

 赤い屋根だつたけれど、小さい家にお婆さんがひとりで住んでゐた。
 お婆さんは耳も遠いし、眼もかすんで不自由だつたけれど、何かいつも愉しさうだつた。娘の子のつかふやうな針箱をそばに置いて、涼しい処でゐねむりをす るので好きだつた。家ぢゆうあけつぱなしなので白い蝶々がお婆さんの鼻さきにまで飛んで来た。初めは何かい喃と、ぢつと眼をこらしてめやにのたまつたまな じりをぱちぱちさせてゐたが、白い蝶々なのだとおもふと、お婆さんは手を宙へあげてひらひらさせてみたりした・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.