戻る

戻る

薄田 淳介

若葉の雨

読み手:菅野 秀之(2011年)

若葉の雨

著者:薄田 淳介 読み手:菅野 秀之 時間:6分15秒

 野も、山も、青葉若葉となりました。この頃は――とりわけて今年はよく雨が降るやうです。雨といつてもこの頃のは、草木の新芽を濡らす春さきの雨や、もつ と遅れて来る梅雨季の雨に比べて、また変つた味ひがあります。春さきの雨はつめたい。また梅雨季の雨は憂鬱にすぎますが、その間にはさまれた晩春の雨は、 明るさと、快活さと、また暖かさとに充ち溢れて、銀のやうにかがやいてゐます・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.