戻る

戻る

宮沢 賢治

猫の事務所
〜ある小さな官衙に関する幻想〜

読み手:福井 一恵(2011年)

猫の事務所 〜ある小さな官衙に関する幻想〜

著者:宮沢 賢治 読み手:福井 一恵 時間:24分39秒

 軽便鉄道の停車場のちかくに、猫の第六事務所がありました。ここは主に、猫の歴史と地理をしらべるところでした。
 書記はみな、短い黒の繻子の服を着て、それに大へんみんなに尊敬されましたから、何かの都合で書記をやめるものがあると、そこらの若い猫は、どれもどれも、みんなそのあとへ入りたがつてばたばたしました。
 けれども、この事務所の書記の数はいつもただ四人ときまつてゐましたから、その沢山の中で一番字がうまく詩の読めるものが、一人やつとえらばれるだけでした・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.