戻る

戻る

夏目 漱石

「夢十夜」「第三夜」

読み手:吉江 美也子(2011年)

「夢十夜」「第三夜」

著者:夏目 漱石 読み手:吉江 美也子 時間:7分2秒

 こんな夢を見た。
 六つになる子供を負ってる。たしかに自分の子である。ただ不思議な事にはいつの間にか眼が潰れて、青坊主になっている。自分が御前の眼はいつ潰れたのか いと聞くと、なに昔からさと答えた。声は子供の声に相違ないが、言葉つきはまるで大人である。しかも対等だ。
 左右は青田である。路は細い。鷺の影が時々闇に差す。
「田圃へかかったね」と背中で云った。
「どうして解る」と顔を後ろへ振り向けるようにして聞いたら、
「だって鷺が鳴くじゃないか」と答えた・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.