戻る

戻る

芥川 龍之介

カルメン

読み手:加藤 純子(2012年)

カルメン

著者:芥川 龍之介 読み手:加藤 純子 時間:7分52秒

 革命前だったか、革命後だったか、――いや、あれは革命前ではない。なぜまた革命前ではないかと言えば、僕は当時小耳に挟んだダンチェンコの洒落を覚えているからである。
 ある蒸し暑い雨もよいの夜、舞台監督のT君は、帝劇の露台に佇みながら、炭酸水のコップを片手に詩人のダンチェンコと話していた。あの亜麻色の髪の毛をした盲目詩人のダンチェンコとである。
「これもやっぱり時勢ですね。はるばる露西亜のグランド・オペラが日本の東京へやって来ると言うのは。」
「それはボルシェヴィッキはカゲキ派ですから。」
 この問答のあったのは確か初日から五日目の晩、――カルメンが舞台へ登った晩である・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.