戻る

戻る

林 芙美子

梟の大旅行

読み手:富田 美苗(2012年)

梟の大旅行

著者:林 芙美子 読み手:富田 美苗 時間:13分43秒

 むかしあるところに、梟が住んでいました。ふかいふかい森のなかで、晝も、ほの暗いところなのです。あんまり暗い森のなかなので陽氣なお天氣の好きな、小鳥や、りすも、みんな、森のそとがわに出て住んでいました。
 梟はたった一人ぼっちで淋しいので、晝間も歌をうたって暮していました。
ぼろ着て奉公!
ぼろ着て奉公!
 梟が、ぱたぱたと羽ばたきをして、こんなうたを歌うので、森のなかの楡の木は、ほんとに淋しくなって退屈で仕方がありませんでした。
 ああ、また梟が何か云っている。どうして、あいつはあんなにいんきでじめじめした奴なんだろう。少しは、陽氣な歌でもうたってくれるといいんだのになアと、ぶつくさ云うのです・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.