戻る

戻る

ニューヨーク・サン紙社説 大久保 ゆう

サンタクロースはいるんだ

読み手:根津 恵美子(2012年)

サンタクロースはいるんだ

著者:ニューヨーク・サン紙社説、大久保 ゆう 訳 読み手:根津 恵美子 時間:5分16秒

 ニューヨーク・サン新聞 1897年9月21日 社説欄
 本紙は、以下に掲載される投書に対してただちにお答え申し上げるとともに、このようにまっすぐな方が読者におられることを、心から嬉しく思います。

 

「こんにちは、しんぶんのおじさん。
わたしは八さいのおんなのこです。じつは、ともだちがサンタクロースはいないというのです。パパは、わからないことがあったら、サンしんぶん、というので、ほんとうのことをおしえてください。サンタクロースはいるのですか?

  ヴァージニア・オハンロン」

 ヴァージニア、それは友だちの方がまちがっているよ。きっと、何でもうたがいたがる年ごろで、見たことがないと、信じられないんだね ・・・

・この作品は青空文庫に提供されています。

◇翻訳者:大久保 ゆう
・この翻訳に関するお問合せは訳者本人までお願いします。
・この翻訳は「クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本 ライセンス」によって公開されています。

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.