戻る

戻る

宮沢 賢治

おきなぐさ

読み手:野崎 明美(2012年)

おきなぐさ

著者:宮沢 賢治 読み手:野崎 明美 時間:13分21秒

 うずのしゅげを知っていますか。
 うずのしゅげは、植物学ではおきなぐさと呼ばれますが、おきなぐさという名はなんだかあのやさしい若いい花をあらわさないようにおもいます。
 そんならうずのしゅげとはなんのことかと言われても私にはわかったようなまたわからないような気がします。
 それはたとえば私どもの方で、ねこやなぎの花芽をべんべろと言いますが、そのべんべろがなんのことかわかったようなわからないような気がするのと全くお なじです。とにかくべんべろという語のひびきの中に、あの柳の花芽の銀びろうどのこころもち、なめらかな春のはじめの光のぐあいが実にはっきり出ているよ うに、うずのしゅげというときは、あの毛莨科のおきなぐさの黒朱子の花びら、青じろいやはり銀びろうどの刻みのある葉、それから六月のつやつや光る冠毛が みなはっきりと眼にうかびます・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.