戻る

戻る

新美 南吉

木の祭り

読み手:菅野 秀之(2012年)

木の祭り

著者:新美 南吉 読み手:菅野 秀之 時間:6分3秒

 木に白い美しい花がいっぱいさきました。木は自分のすがたがこんなに美しくなったので、うれしくてたまりません。けれどだれひとり、「美しいなあ」とほめ てくれるものがないのでつまらないと思いました。木はめったに人のとおらない緑の野原のまんなかにぽつんと立っていたのであります。
 やわらかな風が木のすぐそばをとおって流れていきました。その風に木の花のにおいがふんわりのっていきました。においは小川をわたって麦畑をこえて、 崖っぷちをすべりおりて流れていきました。そしてとうとうちょうちょうがたくさんいるじゃがいも畑まで、流れてきました・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.