戻る

戻る

宮沢 賢治

いちょうの実

読み手:野崎 明美(2012年)

いちょうの実

著者:宮沢 賢治 読み手:野崎 明美 時間:9分7秒

 そらのてっぺんなんかつめたくてつめたくてまるでカチカチのやきをかけた鋼です。
 そして星がいっぱいです。けれども東の空はもうやさしいききょうの花びらのようにあやしい底光りをはじめました。
 その明け方の空の下、ひるの鳥でもゆかない高いところをするどい霜のかけらが風に流されてサラサラサラサラ南のほうへとんでゆきました。
 じつにそのかすかな音が丘の上の一本いちょうの木に聞こえるくらいすみきった明け方です。
 いちょうの実はみんないちどに目をさましました・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.