戻る

戻る

岡本 かの子

気の毒な奥様

読み手:加藤 純子(2012年)

気の毒な奥様

著者:岡本 かの子 読み手:加藤 純子 時間:3分18秒

 或る大きな都会の娯楽街に屹立している映画殿堂では、夜の部がもうとっくに始まって、満員の観客の前に華やかなラヴ・シーンが映し出されていました。正面玄関の上り口では、やっと閑散の身になった案内係の少女達が他愛もないおしゃべりに夢中になっていました。
 突然、駈け込んで来た女がありました。鬢はほつれ、眼は血走り、全身はわなわな顫えています。少女達は驚きながら訳を訊ねると、女はあわてて吃りながら言いました。
「私の夫が恋人と一緒に此処へ来ているのを知りました。家では子供が急病で苦しんでいます・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.