戻る

戻る

新美 南吉

たけのこ

読み手:菅野 秀之(2012年)

たけのこ

著者:新美 南吉 読み手:菅野 秀之 時間:2分45秒

 たけのこは はじめ じびたの したに いて、あっち こっちへ くぐって いく もので あります。
 そして、あめが ふった あとなどに ぽこぽこと つちから あたまを だすので あります。
 さて、この おはなしは、まだ その たけのこが じびたの なかに いた ときの ことです。
 たけのこたちは とおくへ いきたがって しようが ないので、おかあさんの たけが、
「そんなに とおくへ いっちゃ いけないよ、やぶの そとに でると うまの あしに ふまれるから」
と しかって おりました・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.