戻る

戻る

宮城 道雄

純粋の声

読み手:富田 美苗(2013年)

純粋の声

著者:宮城 道雄 読み手:富田 美苗 時間:5分26秒

 私が上野の音楽学校に奉職することになった時、色々話があるからというので、或る日学校に呼ばれて行ったことがある。いよいよ講師としての辞令を渡された 時、乗杉校長が、この学校は官立であるから、官吏という立場において体面を汚さぬようなことは、どんなことをしてもよいが商事会社の重役になってはいけぬ と言った。
 私も長年弟子を教えてはいたが、学校の先生になったのは初めてなので、非常に珍しくまた嬉しい気持がした。第二に嬉しかったのは、鉄道の割引があるので、何だかむやみに嬉しくて、その当時は何処か旅行がしてみたくてたまらなかった・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.