戻る

戻る

小川 未明

野ばら

読み手:小島 香奈子(2013年)

野ばら

著者:小川 未明 読み手:小島 香奈子 時間:8分42秒

 大きな国と、それよりはすこし小さな国とが隣り合っていました。当座、その二つの国の間には、なにごとも起こらず平和でありました。
 ここは都から遠い、国境であります。そこには両方の国から、ただ一人ずつの兵隊が派遣されて、国境を定めた石碑を守っていました。大きな国の兵士は老人でありました。そうして、小さな国の兵士は青年でありました。
 二人は、石碑の建っている右と左に番をしていました。いたってさびしい山でありました。そして、まれにしかその辺を旅する人影は見られなかったのです・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.