戻る

戻る

新美 南吉

あし

読み手:畠山 有香(2013年)

あし

著者:新美 南吉 読み手:畠山 有香 時間:3分27秒

 二ひきの馬が、まどのところでぐうるぐうるとひるねをしていました。
 すると、すずしい風がでてきたので、一ぴきがくしゃめをしてめをさましました。
 ところが、あとあしがいっぽんしびれていたので、よろよろとよろけてしまいました。
「おやおや。」
 そのあしに力をいれようとしても、さっぱりはいりません。
 そこでともだちの馬をゆりおこしました。
「たいへんだ、あとあしをいっぽん、だれかにぬすまれてしまった。」
「だって、ちゃんとついてるじゃないか。」・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.