戻る

戻る

海野 十三

最小人間の怪
―人類のあとを継ぐもの―

読み手:福井 一恵(2013年)

最小人間の怪 ―人類のあとを継ぐもの―

著者:海野 十三 読み手:福井 一恵 時間:8分

 この秘話をしてくれたN博士も、先々月この世を去った。今は、博士の許可を得ることなしに、ちょっぴり書き綴るわけだが、N博士の霊魂なるものがあらば、にがい顔をするかもしれない。
 以下は、N博士の物語るところだ。
 私は大正十五年十二月二十六日の昼間、霧島の山中において、前代未聞の妖怪に出会った。
 当時私は、冬山における動物の生態研究をつづけていたのだ。
 私はキャンプを張り、幾週間も山中で起き伏していた・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.