戻る

戻る

夢野 久作

梅のにおい

読み手:池戸 美香(2013年)

梅のにおい

著者:夢野 久作 読み手:池戸 美香 時間:4分2秒

 一匹の斑猫が人間の真似をして梅の木にのぼって花を嗅いでみました。あの枝からこの枝、花から蕾といくつもいくつも嗅いでみましたが、
「ナアーンダ、人間がいいにおいだ、いいにおいだと言うから本当にして嗅いでみたら、つまらないにおいじゃないか。馬鹿馬鹿しい、帰ろう帰ろう」
 と樹から降りかかりました。
「ホーホケキョ、ホーホケキョ」
「オヤ、鶯がやって来たな。おれは一度あいつをたべてみたいと思っていたが、ちょうどいい。ここに隠れてまっていてやろう・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.