戻る

戻る

正宗 白鳥

見て過ぎた女

読み手:加藤 純子(2013年)

見て過ぎた女

著者:正宗 白鳥 読み手:加藤 純子 時間:8分28秒

 「戀とは綺麗なことを考へて汚いことを實行するものだ。」と、西洋の誰れかが云つたやうだが、若し誰れも云はなかつたとしたら、おれがさう云はうと、日比野は思つてゐた。
 彼れは早熟であつたので、八九歳の頃から男女關係についてひそかに空想を描きだしてゐた。十一二歳の時分に「梅暦」を讀んだくらゐだつたから、小説の亂 讀によつて色戀の情緒は早くから、發育さされた。しかし、一方で家庭の教訓や基督教の感化などによつて、それを非常の惡事として壓迫してゐた・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.