戻る

戻る

寺田 寅彦

秋の歌

読み手:菅野 秀之(2013年)

秋の歌

著者:寺田 寅彦 読み手:菅野 秀之 時間:4分11秒

 チャイコフスキーの「秋の歌」という小曲がある。私はジンバリストの演奏したこの曲のレコードを持っている。そして、折にふれて、これを取り出して、独り静かにこの曲の呼び出す幻想の世界にわけ入る。
 北欧の、果てもなき平野の奥に、白樺の森がある。歎くように垂れた木々の梢は、もう黄金色に色づいている。傾く夕日の空から、淋しい風が吹き渡ると、落葉が、美しい美しい涙のようにふり注ぐ・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.