戻る

戻る

新美 南吉

驢馬の  びっこ

読み手:緒方 朋恵(2013年)

驢馬の  びっこ

著者:新美 南吉 読み手:緒方 朋恵  時間:4分10秒

 張が かはいゝ 驢馬を 一匹 買ひました。ところが 歩かせて 見ると その 驢馬は びつこを ひくのです。
「なぜ びつこを ひくのだらう。」と 考へて 見ましたが わかりません。ちようど とほりかゝつた 物しりを よびとめて たづねて 見ると、物しりは、驢馬の 體を よく しらべてから いひました。
「耳と 耳の 間に 錢ほどの 禿が ある、この 禿に 風が あたつて 寒いから びつこを ひくのぢや。帽子を つくつて かむせたが、よからう。」・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.