戻る

戻る

夏目 漱石

正岡子規

読み手:福井 一恵(2013年)

正岡子規

著者:夏目 漱石 読み手:福井 一恵 時間:12分24秒

 正岡の食意地の張った話か。ハヽヽヽ。そうだなあ。なんでも僕が松山に居た時分、子規は支那から帰って来て僕のところへ遣って来た。自分のうちへ行くのか と思ったら、自分のうちへも行かず親族のうちへも行かず、此処に居るのだという。僕が承知もしないうちに、当人一人で極めて居る。御承知の通り僕は上野の 裏座敷を借りて居たので、二階と下、合せて四間あった。上野の人が頻りに止める。正岡さんは肺病だそうだから伝染するといけないおよしなさいと頻りにい う。僕も多少気味が悪かった。けれども断わらんでもいいと、かまわずに置く・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.