戻る

戻る

芥川 龍之介

ピアノ

読み手:富田 美苗(2014年)

ピアノ

著者:芥川 龍之介 読み手:富田 美苗 時間:7分5秒

 或雨のふる秋の日、わたしは或人を訪ねる為に横浜の山手を歩いて行つた。この辺の荒廃は震災当時と殆ど変つてゐなかつた。若し少しでも変つてゐるとすれ ば、それは一面にスレヱトの屋根や煉瓦の壁の落ち重なつた中に藜の伸びてゐるだけだつた。現に或家の崩れた跡には蓋をあけた弓なりのピアノさへ、半ば壁に ひしがれたまゝ、つややかに鍵盤を濡らしてゐた・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.