戻る

戻る

中谷 宇吉郎

おにぎりの味

読み手:菅野 秀之(2014年)

おにぎりの味

著者:中谷 宇吉郎 読み手:菅野 秀之 時間:5分10秒

 お握りには、いろいろな思い出がある。
 北陸の片田舎で育った私たちは、中学へ行くまで、洋服を着た小学生というものは、誰も見たことがなかった。紺絣の筒っぽに、ちびた下駄。雨の降る日は、 藺草でつくったみのぼうしをかぶって、学校へ通う。外套やレインコートはもちろんのこと、傘をもつことすら、小学生には非常な贅沢と考えられていた。
 そういう土地であるから、お握りは、日常生活に、かなり直結したものであった・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.