戻る

戻る

小川 未明

つめたい  メロン

読み手:小川 幸香(2014年)

つめたい  メロン

著者:小川 未明 読み手:小川 幸香 時間:2分5秒

 おかあさんが、れいぞうきの ふたを おあけなさると、いい においが しました。
「二郎ちゃん、メロンが つめたく なって いますよ。にいさんが かえったら、きって あげましょうね。」
と おっしゃいました。
 二郎さんは じぶんも、にいさんの しゃせいに いって いる、ぼくじょうへ いって みようかと おもって いると、おばさんが、きみ子さんを つれて、おいでに なりました。
 きみ子さんは、すぐ おにわへ でて ぶらんこに のりました。
 二郎さんは、バケツの 中の かにを、きみ子さんに みせて やりました・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.