戻る

戻る

坂口 安吾

幽霊と文学

読み手:吉江 美也子(2014年)

幽霊と文学

著者:坂口 安吾 読み手:吉江 美也子 時間:4分59秒

 幽霊の凄味の点では日本は他国にひけをとらない。西洋人の生活の中には悪魔が幅をきかしてゐるが、幽霊はあまり顔をださない。悪魔には日本の鬼や狐狸に通 ずる一脈の滑稽味と童話的な郷愁的な感情が流れ、今日の知識人の生活の中では、恐怖の対象であるよりも、理知の故郷に住み古した一人の友達の感が深い。
 幽霊は悪魔とちがつて、徹頭徹尾凄味あるのみ、甘さやユーモアは微塵もない・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.