戻る

戻る

高村 光太郎

山の春

読み手:三田 朱美(2014年)

山の春

著者:高村 光太郎 読み手:三田 朱美 時間:14分23秒

 ほんとうは、三月にはまだ山の春は来ない。三月春分の日というのに、山の小屋のまわりには雪がいっぱいある。雪がほんとに消えるのは五月の中ほどである。 つまり、それまで山々にかぶさっていた、氷のように冷たい空気が、五月頃になると、急に北の方へおし流されて、もう十分あたたかくなっている地面の中の熱 と、日の光とが、にわかに働きだして、一日一刻も惜しいような山の春があらわれ、又たちまちそれが夏にかわってゆくのである・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.