戻る

戻る

宮沢 賢治

月夜のでんしんばしら

読み手:入江 安希子(2014年)

月夜のでんしんばしら

著者:宮沢 賢治 読み手:入江 安希子 時間:14分56秒

 ある晩、恭一はぞうりをはいて、すたすた鉄道線路の横の平らなところをあるいて居りました。
 たしかにこれは罰金です。おまけにもし汽車がきて、窓から長い棒などが出ていたら、一ぺんになぐり殺されてしまったでしょう。
 ところがその晩は、線路見まわりの工夫もこず、窓から棒の出た汽車にもあいませんでした。そのかわり、どうもじつに変てこなものを見たのです。
 九日の月がそらにかかっていました。そしてうろこ雲が空いっぱいでした。うろこぐもはみんな、もう月のひかりがはらわたの底までもしみとおってよろよろするというふうでした・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.