戻る

戻る

堀 辰雄

曠野

読み手:阿蘇 美年子(2014年)

曠野

著者:堀 辰雄 読み手:阿蘇 美年子 時間:48分5秒

忘れぬる君はなかなかつらからで
いままで生ける身をぞ恨むる
               拾遺集
   一

 そのころ西の京の六条のほとりに中務大輔なにがしという人が住まっていた。昔気質の人で、世の中からは忘れられてしまったように、親譲りの、松の木のおおい、大きな屋形の、住み古した西の対に、老妻と一しょに、一人の娘を鍾愛しみながら、もの静かな朝夕を過ごしていた。
 漸くその一人娘がおとなびて来ると、ふた親は自分等の生先の少ないことを考えて、自分等のほかには頼りにするもののない娘の行末を案じ、種々いい寄って来るもののうちから、或兵衛佐を選んでそれに娘をめあわせた・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.