戻る

戻る

グリム兄弟  楠山 正雄

星の銀貨

読み手:福井 一恵(2014年)

星の銀貨

著者:グリム兄弟/楠山 正雄 訳 読み手:福井 一恵 時間:4分14秒

 むかし、むかし、小さい女の子がありました。この子には、おとうさんもおかあさんもありませんでした。たいへんびんぼうでしたから、しまいには、もう住む にもへやはないし、もうねるにも寝床がないようになって、とうとうおしまいには、からだにつけたもののほかは、手にもったパンひとかけきりで、それもなさ けぶかい人がめぐんでくれたものでした。
 でも、この子は、心のすなおな、信心のあつい子でありました。それでも、こんなにして世の中からまるで見すてられてしまっているので、この子は、やさしい神さまのお力にだけすがって、ひとりぼっち、野原の上をあるいて行きました・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.