戻る

戻る

新美 南吉

赤とんぼ

読み手:室 由美子(2014年)

赤とんぼ

著者:新美 南吉 読み手:室 由美子 時間:11分12秒

 赤とんぼは、三回ほど空をまわって、いつも休む一本の垣根の竹の上に、チョイととまりました。
 山里の昼は静かです。
 そして、初夏の山里は、真実に緑につつまれています。
 赤とんぼは、クルリと眼玉を転じました。
 赤とんぼの休んでいる竹には、朝顔のつるがまきついています。昨年の夏、この別荘の主人が植えていった朝顔の結んだ実が、また生えたんだろう――と赤とんぼは思いました・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.