戻る

戻る

グリム兄弟  楠山 正雄

おおかみと
七ひきのこどもやぎ

読み手:真田 悟司(2015年)

おおかみと七ひきのこどもやぎ

著者:グリム兄弟/楠山 正雄 訳  読み手:真田 悟司 時間:11分59秒

     一

 むかし、あるところに、おかあさんのやぎがいました。このおかあさんやぎには、かわいいこどもやぎが七ひきあって、それをかわいがることは、人間のおかあさんが、そのこどもをかわいがるのと、すこしもちがったところはありませんでした。
 ある日、おかあさんやぎは、こどもたちのたべものをとりに森まで出かけて行くので、七ひきのこどもやぎをよんで、こういいきかせました。
「おまえたちにいっておくがね、かあさんが森へ行ってくるあいだ、気をつけてよくおるすばんしてね、けっしておおかみをうちへ入れてはならないよ。あいつは、おまえたちのこらず、まるのまんま、それこそ皮も毛もあまさずたべてしまうのだよ・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.