戻る

戻る

宮沢 賢治

注文の多い料理店

読み手:凧野 頓太(2015年)

注文の多い料理店

著者:宮沢 賢治 読み手:凧野 頓太 時間:20分28秒

 二人の若い紳士が、すっかりイギリスの兵隊のかたちをして、ぴかぴかする鉄砲をかついで、白熊のような犬を二疋つれて、だいぶ山奥の、木の葉のかさかさしたとこを、こんなことを云いながら、あるいておりました。
「ぜんたい、ここらの山は怪しからんね。鳥も獣も一疋も居やがらん。なんでも構わないから、早くタンタアーンと、やって見たいもんだなあ。」
「鹿の黄いろな横っ腹なんぞに、二三発お見舞もうしたら、ずいぶん痛快だろうねえ。くるくるまわって、それからどたっと倒れるだろうねえ。」・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.