戻る

戻る

小泉 八雲  林田 清明

夜光虫

読み手:宮崎 満(2015年)

夜光虫

著者:小泉 八雲/林田 清明 訳 読み手:宮崎 満 時間:8分23秒

 月なき無窮の夜空に、あまたの星がきらめいて、横たわる天の河も、ひときわさんざめいている。風は凪いでいるが、海はざわめいている。見渡せば、ざあと一 つまた一つ押し寄せて来る小浪が、皆火のように燦めいている。黄泉の国の美しさもこのようではなかろうかと思うばかりである。真に夢のようである。小浪の 浪間は漆黒であるが、波の穂は金色を帯びて浮び漂っている・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.