戻る

戻る

薄田 泣菫

「茶話」より「筍問答」

読み手:入江 安希子(2015年)

「茶話」より「筍問答」

著者:薄田 泣菫 読み手:入江 安希子 時間:4分28秒

 摂津の蘆屋に老人の夫婦者が住むでゐる。神戸に居る息子の仕送りで気楽に日を送つてゐるが、先日からふとした病気で媼さんが床に就いた。
「お爺さん、わたい貴方を見送つてから死にたいと思うてましたんやけど……」
 媼さんは枕許に坐つてゐる爺さんの手を取つて泣いた。手は何方も皺くちやだつた。
「もう迚もあきまへんよつて、お先きへ遣つて貰ひまつさ。」・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.