戻る

戻る

小川 未明

青いボタン

読み手:緒方 朋恵(2015年)

青いボタン

著者:小川 未明 読み手:緒方 朋恵 時間:16分5秒

 小学校時分の話であります。
 正雄の組へ、ある日のこと知らない女の子がはいってきました。
「みなさん、今日から、この方がお仲間になられましたから、仲よくしてあげてください。」と、先生はいわれました。
 知らない人がはいってくることは、みんなにも珍しさを感じさせました。正雄ばかりではありません。他国からきた人に対しては、なんとなくすこしの間ははばかるような、それでいて早く親しくなって、話してみたいような気持ちがしたのであります。
 それほど、他国の人のだれか、知らない遠い国からきた人だという、一種の憧れ心をそそったのでした・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.