戻る

戻る

薄田 泣菫

「茶話」より「無識の得」

読み手:入江 安希子(2015年)

「茶話」より「無識の得」

著者:薄田 泣菫 読み手:入江 安希子 時間:3分54秒

 平民にお腹の空く時があるやうに、大名にも咽喉の渇く事がある。話は古いが、むかし備前少将光政が咽喉が渇いた事があつた。丁度秋も末で、窓の外にはちんちろりんが意気な小唄を謡つてゐる頃であつた。
 光政は二三日前鷹狩に出掛けた折、途で食つた蜜柑の事を思ひ出した。光政は繍眼児のやうに口を窄めて、立続けに三つばかし食つたやうに思つた・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.