戻る

戻る

太宰 治

魚服記

読み手:凧野 頓太(2015年)

魚服記

著者:太宰 治 読み手:凧野 頓太 時間:21分20秒

 本州の北端の山脈は、ぼんじゅ山脈というのである。せいぜい三四百米ほどの丘陵が起伏しているのであるから、ふつうの地図には載っていない。むかし、この へん一帯はひろびろした海であったそうで、義経が家来たちを連れて北へ北へと亡命して行って、はるか蝦夷の土地へ渡ろうとここを船でとおったということで ある。そのとき、彼等の船が此の山脈へ衝突した。突きあたった跡がいまでも残っている。山脈のまんなかごろのこんもりした小山の中腹にそれがある・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.