戻る

戻る

芥川 龍之介

蜜柑

読み手:阿部 利恵子(2015年)

蜜柑

著者:芥川 龍之介 読み手:阿部 利恵子 時間:15分27秒

 或曇った冬の日暮である。私は横須賀発上り二等客車の隅に腰を下して、ぼんやり発車の笛を待っていた。とうに電燈のついた客車の中には、珍らしく私の外に一人も乗客はいなかった。外を覗くと、うす暗いプラットフォオムにも、今日は珍しく見送りの人影さえ跡を絶って、唯、檻に入れられた小犬が一匹、時々悲 しそうに、吠え立てていた・・・・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.