戻る

戻る

小野 浩

金のくびかざり

読み手:池戸 美香(2015年)

金のくびかざり

著者:小野 浩 読み手:池戸 美香 時間:11分36秒

   一

 よし子さんのお家も、あすは、クリスマスです。
 毛なみの、つやつやした、まっ黒いネコは、夜どおし、煙突のてっぺんにすわって、サンタクローズのおじいさんが、このお家をまちがいなく見つけてくれれ ばいいがと、黄色い目をひからせて、見つめていました。よし子さんは今夜は、きっと、おじいさんが、あたしのほしくてほしくてたまらない、小さな金のくび かざりを持って来てくれるにちがいないと言って、おねんねをしました。
 イヌは、家の中の煙突の下を、ふさふさしたしっぽで、きれいにお掃除をしました・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.