戻る

戻る

織田 作之助

馬地獄

読み手:室 由美子(2015年)

馬地獄

著者:織田 作之助 読み手:室 由美子 時間:7分14秒

 東より順に大江橋、渡辺橋、田簑橋、そして船玉江橋まで来ると、橋の感じがにわかに見すぼらしい。橋のたもとに、ずり落ちたような感じに薄汚い大衆喫茶店 兼飯屋がある。その地下室はもとどこかの事務所らしかったが、久しく人の姿を見うけない。それが妙に陰気くさいのだ。また、大学病院の建物も橋のたもとの 附属建築物だけは、置き忘れられたようにうら淋しい。薄汚れている。入口の階段に患者が灰色にうずくまったりしている・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.