戻る

戻る

小泉 八雲  田部 隆次

雪女

読み手:加茂野 一夫(2016年)

雪女

著者:小泉 八雲/田部 隆次 訳 読み手:加茂野 一夫 時間:14分13秒

 武蔵の国のある村に茂作、巳之吉と云う二人の木こりがいた。この話のあった時分には、茂作は老人であった。そして、彼の年季奉公人であった巳之吉は、十八 の少年であった。毎日、彼等は村から約二里離れた森へ一緒に出かけた。その森へ行く道に、越さねばならない大きな河がある。そして、渡し船がある。渡しの ある処にたびたび、橋が架けられたが、その橋は洪水のあるたびごとに流された・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.