戻る

戻る

太宰 治

純真

読み手:野村 洋二(2016年)

純真

著者:太宰 治 読み手:野村 洋二 時間:2分16秒

 「純真」なんて概念は、ひょっとしたら、アメリカ生活あたりにそのお手本があったのかも知れない。たとえば、何々学院の何々女史とでもいったような者が 「子供の純真性は尊い」などと甚だあいまい模糊たる事を憂い顔で言って歎息して、それを女史のお弟子の婦人がそのまま信奉して自分の亭主に訴える。亭主は あまく、いいとしをして口髭なんかを生やしていながら「うむ、子供の純真性は大事だ」などと騒ぐ。親馬鹿というものに酷似している。いい図ではない・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.