戻る

戻る

小川 未明

からすとかがし

読み手:八谷 耕陽(2016年)

からすとかがし

著者:小川 未明 読み手:八谷 耕陽 時間:6分22秒

 太吉じいさんは、百姓が、かさをかぶって、手に弓を持って立っている、かがしをつくる名人でした。それを見ると、からすやすずめなどが、そばへ寄りつきませんでした。
 それも、そのはずで、おじいさんは若い時分から弓を射ることが上手で、どんな小さな鳥でも、ねらえば、かならず射落としたものです。よく、晩方の空を飛 んでいくかりを射落としたり、はたけで遊んでいるすずめを射とめたりしました。だからおじいさんを見ると、小鳥たちは鳴くのをやめて、どこへか姿をかくし てしまいました・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.