戻る

戻る

太宰 治

葉桜と魔笛

読み手:高橋 律子(2016年)

葉桜と魔笛

著者:太宰 治 読み手:高橋 律子 時間:23分59秒

 桜が散って、このように葉桜のころになれば、私は、きっと思い出します。――と、その老夫人は物語る。――いまから三十五年まえ、父はその頃まだ存命中で ございまして、私の一家、と言いましても、母はその七年まえ私が十三のときに、もう他界なされて、あとは、父と、私と妹と三人きりの家庭でございました が、父は、私十八、妹十六のときに島根県の日本海に沿った人口二万余りの或るお城下まちに、中学校長として赴任して来て、恰好の借家もなかったので、町は ずれの、もうすぐ山に近いところに一つ離れてぽつんと建って在るお寺の、離れ座敷、二部屋拝借して、そこに、ずっと、六年目に松江の中学校に転任になるま で、住んでいました・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.