戻る

戻る

宮沢 賢治

セロ弾きのゴーシュ

読み手:凧野 頓太(2016年)

セロ弾きのゴーシュ

著者:宮沢 賢治 読み手:凧野 頓太 時間:37分57秒

 ゴーシュは町の活動写真館でセロを弾く係りでした。けれどもあんまり上手でないという評判でした。上手でないどころではなく実は仲間の楽手のなかではいちばん下手でしたから、いつでも楽長にいじめられるのでした。
 ひるすぎみんなは楽屋に円くならんで今度の町の音楽会へ出す第六交響曲の練習をしていました。
 トランペットは一生けん命歌っています。
 ヴァイオリンも二いろ風のように鳴っています。
 クラリネットもボーボーとそれに手伝っています・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.